1. HOME > 外壁塗装についてのお得情報 > 外壁塗装の水性塗料の特徴や注意点とは
外壁塗装の水性塗料の特徴や注意点とは

水性塗料は水が主成分

水性塗料は水が主成分
外壁塗装には様々な種類の塗料があります。
そのため、それぞれの特徴や注意点を知った上で、適切な塗料を選ぶことが大切です。
塗料の種類の一つに、水性塗料があります。
外壁塗装を依頼したときに、業者に水性塗料をお勧めされた人もいるのではないでしょうか。
水性塗料とは、樹脂を溶かして液状にするために水が入っています。
溶剤が入っている場合は、油性塗料と言います。
外壁塗装に詳しくない人は、水性塗料と油性塗料の違いがわからないはずです。
2つを比較するとわかりやすいでしょう。
まず、水性塗料は主成分が水で臭いが少ないといった特徴があります。
一方、油性塗料は主成分が溶剤で、臭いが強いのが特徴です。
費用を比較すると水性塗料の方が低価格です。
初めて外壁塗装をする場合は、水性塗料の方が手をつけやすいと感じるでしょう。

塗料選びに迷った時は

塗料選びに迷った時は
水性塗料の方が油性塗料よりも優れているイメージがありますが、注意点として挙げられるポイントは乾燥です。
油性塗料は一定の時間で乾燥します。
しかし、水性塗料は環境の影響を受けやすいという特徴があり、天候が悪い日や気温が低い時期は乾燥が遅くなるため注意しなければなりません。
また、完全に乾燥していなければ水に流れやすいです。
一度、しっかりと乾燥させてしまえば、水で落ちやすいというわけではありません。
水性塗料も各メーカーによって乾燥に必要な気温など規定が異なるため、確認が必要です。
耐久性については、どちらも耐朽性のある種類が登場しています。
どちらを選ぶべきか迷った時は、塗料を構成する成分に注目するといいでしょう。
水性塗料にはアクリルとウレタン、同じ油性塗料にもアクリルとウレタンかによって耐久性が異なります。
一般的に低価格な塗料は耐久性が低いとされており、高価格なほど耐久性に優れています。
外壁塗装にお金をかけたくない場合は、低価格な塗料を選びたくなるものですが、耐久性が低いと塗り替えの回数が増え、結果的に費用がかかってしまうでしょう。
このようにそれぞれ特徴や注意点があるため、業者に相談しながら塗料選びをしてみてはいかがでしょうか。

久喜ショールーム

0120-675-103

加須ショールーム

0120-577-103

塗装事業部

0120-778-103

無料お問い合わせ
  • 安心の施工体制
  • 保証
  • 自社施工
  • リフォームの流れ
ご挨拶
社長の写真
久喜市と加須市のリフォームスタジオを拠点に埼玉県東北部・茨城県西部を主なエリアとして20.000件以上のお住まいを施工しております。さらに多くのお客様の声に耳を傾け
安心・快適・健康住宅へのご提案もご提供させて頂いております。
 
> 詳しいご挨拶はこちらから

採用情報

  • トラサンとは?
  • サイトマップ
  • お客様の声
  • サポート
  • 会社概要
リフォームの
ポイント一覧
以下をご覧下さい
  • 社長ブログ
  • 営業ブログ
  • 事務ブログ

会社概要 リクルート情報

受付時間 10:00~18:00(水曜日を除く)