トイレのリフォームのポイント

kitchenpage_03

毎日使うからこそ快適に

毎日使うトイレ。「トイレにいる時が落ち着く」と思う人も多いのではないでしょうか? ですが、反面「なんだか落ち着かない」「掃除しているのに臭いが・・・」と思う人もいるかもしれません。そうならないように、こまめにお掃除しないといけないと思いながらもなかなかできものではありませんし、年数が経ってしまていると臭いがとれないからとあきらめてしまいがち。さらに、「トイレが古いから流す水が必要以上に出てもったいない」「家族が多いから水を流す回数が多いくて節約したくても」と思っている人も多いのではないでしょうか?だからこそ。トイレリフォームをして快適な空間、気持ちよく入れるトイレにしてみませんか?

女性のお客様への配慮で部分カスタマイズ

ラーメン屋さんのトイレです。場所的に高速道路のインターに近く道路に面していて工業団地に近いこともあり 普通に土足で入れる和式トイレでしたが、女性のお客様に気持ちよく使っていただきたいと思い、部分リフォームにしました。 和式トイレから洋式、壁にはパネルを張りカウンターと手摺をつけ、床も防水シートを張りました。

同じスペースでも

ウォシュレットトイレが出始めの頃のものなので便器の横に存在感があり、圧迫感と無駄なスペース。落ち着きたいのに落ち着けないといった感じを全面リフォーム。 タンクを取り外し、邪魔にならないカドに手洗をつけ、水道管を棚で目隠し便器もスッキリした物にしました。同じスペースでも印象の違うトイレになりました。

狭いスペースだからこそ

手洗タンクを外し節水トイレにタンクが無くなったのでスッキリ!狭いスペースだからこそスッキリした便器に交換。便器の形もスッキリしているのでお掃除も簡単で、便器廻りの床もお掃除しやすくなりました。

段差の高い和式

段差がある和式トイレの上に洋式トイレを取付けているのでさらに高くなってしまい、お子様は踏み台を使って使用しているので踏み台から落ちる心配があるトイレを全面リフォーム、広さを変えず段差をなくして平らにし洋式トイレを設置 壁には小さなお子様が入りやすいようにと汚してもサッと拭けるイラスト入りのパネルを設置しました。

洋式から洋式

洋式初期ぐらいなのでウォシュレットがついてなく、蓋などが変色しているので便器ごと換えました。 手洗い場所を他に作り、便器だけにし床のクッションフロアーも張替えペーパーホルダも新しいのを取り付け 新築のトイレみたいになりました。

レトロなトイレから最新トイレ

なかなか近頃は見なくなった和式トイレ汲み取り式(いわいる、ぼっとんトイレです。) 内装もすべてリフォームして今までとは180度違う空間へタイムスリップ したようになりました。 また特徴としてトイレットペーパーホルダーを両側に取りつけて、どちらからでも取りやすくしました。

大き目のウォシュレットボタン

トイレの幅をわがまま顔でアピールしているウォシュレット操作ボタン。奥の掃除を阻み、機能的なことや節水のことも考えて、便器ごと替えて床も張替たので全体的に明るくってさらに快適な空間にかわり、ウォシュレット操作ボタンもスリムになったので奥の掃除も楽にできるようになりました。

和室トイレ全面リフォーム

どことなく懐かしい和式トイレに洋式用を被せて使用。トイレットペーパーホルダが後ろにあるのでとても不便とのことですので、全面リフォームにしました。 床は平らにしクッションフロアを貼り、壁はクロスを貼りペーパーホルダはカウンター付き、ご年配の方なので 立つときに掴まれるように手摺もつけました。

contact_bar

久喜ショールーム

0120-675-103

加須ショールーム

0120-577-103

塗装事業部

0120-778-103

無料お問い合わせ
  • 安心の施工体制
  • 保証
  • 自社施工
  • リフォームの流れ
ご挨拶
社長の写真
久喜市と加須市のリフォームスタジオを拠点に埼玉県東北部・茨城県西部を主なエリアとして20.000件以上のお住まいを施工しております。さらに多くのお客様の声に耳を傾け
安心・快適・健康住宅へのご提案もご提供させて頂いております。
 
> 詳しいご挨拶はこちらから
  • トラサンとは?
  • 採用情報
  • サイトマップ
  • お客様の声
  • サポート
  • 会社概要
リフォームの
ポイント一覧
以下をご覧下さい
  • 社長ブログ
  • 営業ブログ
  • 事務ブログ

会社概要 リクルート情報