1. HOME > 外壁塗装についてのお得情報 >火災保険で外壁塗装を行う際の条件とは

火災保険の対象範囲

火災保険の対象範囲

火災保険は、火事などに関連するトラブルにしか適用されないと思っている人が多いのではないでしょうか。
実際には、台風や雷、洪水などの自然災害にも適用されます。
種類は様々ですが、基本的には建物、もしくは建物と家財の2つから補償対象を選ぶことができます。
建物は、お家そのものやフェンス、ガレージなど、家財は家具や衣類などが対象として挙げられます。
また、補償範囲は破損した理由をどこまで補えるか、ということになり、自然災害以外にも人が原因だったり、偶然の事故も対象です。
トラブルにより外壁塗装をしなければならなくなった場合も、火災保険が適用される可能性があります。
例えば、台風によって壁が壊れたり、飛来物や自転車の衝突で傷がついたりしたなどです。
場合によっては該当しないこともありますが、火災保険が適用される条件について知っておくと、外壁塗装の費用が自分で負担せずに済むかもしれません。

 

 

一般的なメンテナンスは対象外

一般的なメンテナンスは対象外

 

外壁塗装の場合の条件を知る前に、まず知っておきたいことは一般的な外壁塗装は対象外になるということです。
通常、塗料の塗り替えは自宅の美観を保ったり、建物を守るために定期的に行われます。
これは、一般的なメンテナンスであるため、対象外となるのです。
適用される条件は、修理や補修が必要になったときです。
飛来物によって穴が空いた、何らかが衝突してきて壊れた部分の修理が必要になったなどは該当します。
理由によって判断が分かれるため、業者に修理や塗り替えを依頼する前に、確認しておきましょう。
該当するようであれば、保険会社に申請をしてください。
そこで妥当な理由だと認められると保険金がもらえるという仕組みです。
しかし、範囲外の工事や、修理とは無関係な工事が含まれていると申請が受理されない恐れがあるため、業者にも相談する必要があります。
まずは、業者に連絡をして破損している場所を確認してもらい、工事が必要になれば見積もりを作成してもらいます。
その後に保険会社に連絡をして指示を待ってください。
その指示通りに書類を準備し、送付します。
次に鑑定人が自宅に調査に訪れてチェックし、確定すると保険金がおりるという流れです。
手順を間違えないように注意しましょう。

 

 

久喜ショールーム

0120-675-103

加須ショールーム

0120-577-103

塗装事業部

0120-778-103

無料お問い合わせ
  • 安心の施工体制
  • 保証
  • 自社施工
  • リフォームの流れ

アンケート

ご挨拶
社長の写真
久喜市と加須市のリフォームスタジオを拠点に埼玉県東北部・茨城県西部を主なエリアとして20.000件以上のお住まいを施工しております。さらに多くのお客様の声に耳を傾け
安心・快適・健康住宅へのご提案もご提供させて頂いております。
 
> 詳しいご挨拶はこちらから

採用情報

  • トラサンとは?
  • サイトマップ
  • お客様の声
  • サポート
  • 会社概要
リフォームの
ポイント一覧
以下をご覧下さい
  • 社長ブログ
  • 営業ブログ
  • 事務ブログ

会社概要 リクルート情報

受付時間 10:00~18:00(水曜日を除く)