1. HOME > 外壁塗装についてのお得情報 > 夏場の外壁塗装で注意することとは

気をつけなければならないこともある



夏に外壁塗装の塗り替えを検討している人もいるのではないでしょうか。
気温や湿度が適しているため、乾燥しやすく早く乾き、塗料の伸びがよく、臭いを感じる時間が少ないというメリットがありますが、注意しなければならないことがあります。
それは、雨です。
真夏が来る前に梅雨入りしますが、雨が降ると施工が中断されやすく、作業が完了するまで時間がかかる可能性があります。
完全に乾いていれば濡れても問題はありませんが、途中で濡れると仕上がりに影響を与えてしまうのです。
塗料が薄まり見栄えが悪くなるだけでなく、耐朽性も低下するため、注意しなければなりません。
水分が抜けきっていない状態で施工を再開すると、水分が混ざってひび割れや塗膜剥離など劣化します。
雨だけでなく、湿度が高いと空気中に水分が含まれており、乾燥を阻害するため、梅雨の時期が完全に終わってから始めましょう。

 

換気ができなくなる?



施工中の過ごし方にも気をつけることがあります。
真夏は窓を開けることや、エアコンが欠かせませんが、外壁塗装を始めるとこれらの行為ができなくってしまうのです。
それは、窓ガラスやサッシが汚れないようにシートで養生するからです。
下塗り、中塗り、上塗りの3段階で塗っていきますが、全ての工程が終わるまで外せません。
最短でも1週間は続きますが、天候が悪い日があれば、さらに養生が長引きます。
暑くても窓が開けられない、エアコンをつけられないとなると生活しにくいでしょう。
特に子どもがいる家庭は注意してください。
大人よりも身体が弱く、幼児であれば体調を崩しやすいです。
臭いで気分が悪くなる可能性も考えられるため、外出が必要になることもあります。
また、ペットの体調も気にかけなければなりません。
頻繁に外出できない場合は、室内でサーキュレーターや扇風機を使って空気を循環することをお勧めします。
このように外壁塗装は好きなタイミングで行えるわけではありません。
生活が制限されることや、期間が長引くことも考えて依頼しましょう。
生活がしやすいように配慮してくれる業者や塗料を選ぶことも大切です。


 

久喜ショールーム

0120-675-103

加須ショールーム

0120-577-103

塗装事業部

0120-778-103

無料お問い合わせ
  • 安心の施工体制
  • 保証
  • 自社施工
  • リフォームの流れ
ご挨拶
社長の写真
久喜市と加須市のリフォームスタジオを拠点に埼玉県東北部・茨城県西部を主なエリアとして20.000件以上のお住まいを施工しております。さらに多くのお客様の声に耳を傾け
安心・快適・健康住宅へのご提案もご提供させて頂いております。
 
> 詳しいご挨拶はこちらから

採用情報

  • トラサンとは?
  • サイトマップ
  • お客様の声
  • サポート
  • 会社概要
リフォームの
ポイント一覧
以下をご覧下さい
  • 社長ブログ
  • 営業ブログ
  • 事務ブログ

会社概要 リクルート情報

受付時間 10:00~18:00(水曜日を除く)