1. HOME > 外壁塗装についてのお得情報 > 外壁塗装リフォームで減税となる条件とは
外壁塗装リフォームで減税となる条件とは

住宅ローン減税で外壁塗装費用も減税になる

住宅ローン減税で外壁塗装費用も減税になる
外壁塗装リフォームは高額な費用が発生します。
しかし、内容によっては減税を受けることができるため、減税となる条件を知っておきましょう。
外壁塗装リフォームが適用となる減税は、住宅ローン減税です。
住宅ローンは家を購入する際にローンを組むものですが、住宅ローン減税は住宅借入金等特別控除と言われるもので年末のローン残高に応じて所得税を軽減することができます。
減税されるのは年末ローン残高の1%で適用期間は平成33年12月31日までとなり控除期間は10年間です。
最大400万円まで控除されますが、1年の最大控除額は40万円となります。
また、控除額を所得税から控除しきれない場合は、差額を住民税から控除することもできるのです。
これは住宅ローンの控除ですが、住宅の改修工事である外壁塗装リフォームも対象です。

外壁塗装リフォームを減税するための条件

外壁塗装リフォームを減税するための条件
外壁塗装リフォームで住宅ローン減税が適用となる条件は、外壁塗装リフォームを行う建物が居住する住宅であることや、建物の床面積が50平方メートル以上でその2分の1が居住用であること、住宅ローンを10年以上で組んでいること、年収3000万円以下であること、外壁塗装リフォーム費用が100万円以上であることなどが挙げられます。
さらに、対象となる住宅に工事が完了してから半年以内に住み始め、控除開始の12月31日まで住み続けていなければなりません。
また、建物が耐震性能を満たしていなければ対象とならないため、中古住宅などには注意が必要です。
中には、築年数が経っている建物が耐震性能の基準を満たしているかどうか確認できない場合もあります。
耐震性能を証明するには、築20年以内であることが条件です。
耐震基準適合証明書を発行してもらうことも一つの方法です。
外壁塗装リフォームを実施した後で、減税の対象外だったということがないように、事前に条件を確認しておくことが大切です。
条件だけでなく、書類も提出しなければなりません。
外壁塗装業者が発行している書類も必要であるため、工事が始まる前に証明書の発行を依頼して下さい。

久喜ショールーム

0120-675-103

加須ショールーム

0120-577-103

塗装事業部

0120-778-103

無料お問い合わせ
  • 安心の施工体制
  • 保証
  • 自社施工
  • リフォームの流れ
ご挨拶
社長の写真
久喜市と加須市のリフォームスタジオを拠点に埼玉県東北部・茨城県西部を主なエリアとして20.000件以上のお住まいを施工しております。さらに多くのお客様の声に耳を傾け
安心・快適・健康住宅へのご提案もご提供させて頂いております。
 
> 詳しいご挨拶はこちらから

採用情報

  • トラサンとは?
  • サイトマップ
  • お客様の声
  • サポート
  • 会社概要
リフォームの
ポイント一覧
以下をご覧下さい
  • 社長ブログ
  • 営業ブログ
  • 事務ブログ

会社概要 リクルート情報

受付時間 10:00~18:00(水曜日を除く)