1. HOME > 外壁塗装についてのお得情報 > コンクリートのクラックによる外壁塗装について
コンクリートのクラックによる外壁塗装について

コンクリートにクラックが発生する原因

コンクリートにクラックが発生する原因
家の外壁には様々素材が使用されていますが、その中でもコンクリートは強度や耐久性に優れています。
そのため、コンクリートを選ぶと、長寿命で頑丈な家をつくることができるのです。
しかし、注意しなければならないことがあります。
それは、クラックの発生です。
コンクリートが劣化すると、ひび割れや亀裂などのクラックができることがあり、放置してしまうと、ひび割れが深くなり建物の内部まで劣化が進んでしまいます。
クラックを発見した時は、必ず補修してください。
コンクリートにクラックができる原因は、膨張と収縮です。
気温や湿度の変化によって、膨張や収縮を繰り返します。
また、地震や施工不良などが原因となってクラックが発生することもあります。

クラックの補修について

クラックの補修について
コンクリートにクラックが発生した場合は、外壁塗装業者に補修を依頼しましょう。
クラックが浅い場合は、自分でパテやコーキング剤を使って埋めることも可能ですが、完全に補修できたわけではありません。
クラックが発生した原因を明確にするためにも、外壁塗装業者に調査してもらうことが大切です。
外壁塗装業者であれば、目に見えない部分にもクラックが発生しているかを判断することができます。
しっかり調査や補修範囲、クラックの発生場所を把握してもらいましょう。
クラックの補修は、U字カット工法や外壁クラッシュ補修工法、エポキシ樹脂注入工法など様々な方法があります。
ひび割れが大きい時は、U字カット工法が用いられることが多いです。
外壁クラッシュ補修工法はU字カット工法と似ていますが、仕上げにセメントやモルタルを用いて見栄えを良くします。
エポキシ樹脂注入工法はヘアクラックに適した工法で、低圧注射針でエポキシ樹脂をクラック部分に注入する方法です。
クラックの範囲や深さによって補修方法が異なります。
一見浅く見えるものであっても、外壁の内部まで進行している場合も少なくないため、外壁塗装業者に確認してもらい、施工方法や費用について相談してください。
外壁塗装業者を選ぶ時は、技術や実績がポイントです。
過去の施工例などで選んでみると良いでしょう。

久喜ショールーム

0120-675-103

加須ショールーム

0120-577-103

塗装事業部

0120-778-103

無料お問い合わせ
  • 安心の施工体制
  • 保証
  • 自社施工
  • リフォームの流れ
ご挨拶
社長の写真
久喜市と加須市のリフォームスタジオを拠点に埼玉県東北部・茨城県西部を主なエリアとして20.000件以上のお住まいを施工しております。さらに多くのお客様の声に耳を傾け
安心・快適・健康住宅へのご提案もご提供させて頂いております。
 
> 詳しいご挨拶はこちらから
  • トラサンとは?
  • 採用情報
  • サイトマップ
  • お客様の声
  • サポート
  • 会社概要
リフォームの
ポイント一覧
以下をご覧下さい
  • 社長ブログ
  • 営業ブログ
  • 事務ブログ

会社概要 リクルート情報

受付時間 10:00~18:00(水曜日を除く)