1. HOME > 外壁塗装についてのお得情報 > 外壁塗装中の洗濯はどうするべき?
外壁塗装中の洗濯はどうするべき?

窓が開けられない場合がある

窓が開けられない場合がある
外壁塗装の工事は一日で終わることが難しいです。
そのため、これから外壁塗装の工事を行うという人は、工事中の過ごし方について知っておかなければなりません。
外壁塗装の工事中は窓を開けることができますが、塗料の臭いがどうしてもしてしまうため、開けることはあまりおすすめできません。
塗料自体は有害性がなく、人体への影響を受けることがありませんが、部屋に塗料の臭いが充満してしまうでしょう。
また、外壁塗装の工事業者によって施工方法が異なるため、窓が完全に開けられない場合もあります。
しかし、風通しが無いのが気になる人もいるのではないでしょうか。
家全体にカバーのようなものをかけて工事をするため、窓を開けたとしても風は室内に入らない可能性があります。
工事中はカバーを外すことができません。
工事が終わるまでの過ごし方に注意しましょう。

工事が終わるまで洗濯物が干せない

工事が終わるまで洗濯物が干せない
外壁塗装工事中の過ごし方において洗濯が気になる人が多いでしょう。
部屋干しをしたくないという人もいますが、外に洗濯物を干すと塗料が飛び散ることがあります。
高圧洗浄の工程で、外壁を洗い流した泥水が跳ねてしまい、洗濯物に付着することもあります。
中には、ローラーと刷毛で作業をするため飛び散る心配はないという業者もいますが、吹き付け塗装と比較して飛び散らないというだけであり、塗料が完全に飛び散らないというわけではありません。
また、洗濯物が外に干されていると業者の作業もしやすさも著しく低下し、適切な塗装をしてもらえないことがあります。
そのため、外壁塗装業者から洗濯物を外に干さないように説明を受けることもあるでしょう。
もし、無理に洗濯物を干すと塗料の臭いがついてしまう可能性があります。
一度ついた臭いや塗料は簡単に落ちないため、注意してください。
外壁塗装工事は10日から半月ほどかかります。
雨などによって塗料が乾きにくい時期は、それ以上かかるでしょう。
部屋干しをしたくないという人も、塗料の汚れや臭いがつかないように室内で干してください。
部屋干しをすると生乾きの臭いが気になりますが、一度に洗濯する量を減らしたり、濡れた衣類はカゴに入れない、お湯と粉洗剤で洗濯をする、5時間以内に完全に乾燥させるなどと工夫をすると、生乾きの臭いを防ぐことができます。

久喜ショールーム

0120-675-103

加須ショールーム

0120-577-103

塗装事業部

0120-778-103

無料お問い合わせ
  • 安心の施工体制
  • 保証
  • 自社施工
  • リフォームの流れ
ご挨拶
社長の写真
久喜市と加須市のリフォームスタジオを拠点に埼玉県東北部・茨城県西部を主なエリアとして20.000件以上のお住まいを施工しております。さらに多くのお客様の声に耳を傾け
安心・快適・健康住宅へのご提案もご提供させて頂いております。
 
> 詳しいご挨拶はこちらから
  • トラサンとは?
  • 採用情報
  • サイトマップ
  • お客様の声
  • サポート
  • 会社概要
リフォームの
ポイント一覧
以下をご覧下さい
  • 社長ブログ
  • 営業ブログ
  • 事務ブログ

会社概要 リクルート情報

受付時間 10:00~18:00(水曜日を除く)