1. HOME
  2.  > 
  3. 外壁塗装についてのお得情報
  4.  > 
  5. 放置していると危険な外壁塗装について

外壁塗装の役割

外壁塗装の役割 外壁塗装の最も重要な役割は、防水機能により建物を雨や湿気から守ることです。
建物の一番外側で防水機能を発揮することにより、水や湿気が建物内部に入ってくることを防止します。
目に見える傷や劣化が無いからと言って、外壁塗装をせずに放置していると、リフォームでは済まなくなる事態を招く恐れもあります。
外壁がまだ綺麗だからと放置していると、目には見えない劣化によって、建物内に湿気や水分が侵入してしまうかもしれません。
湿気や水分が壁内に侵入してしまうと、壁が湿気を帯びたり乾いたりを繰り返し、壁が歪み、亀裂が生じてくることがあります。
水分が乾ききらず、外壁塗装内に溜まっていると、次第に水分が木を伝わって広がっていき、思いがけないところで雨漏りが発生する危険性もあるのです。
また、建物内部に水分が溜まってしまうと、時間をかけて建物内部の腐食が発生していきます。
この腐食は外から見てもわかりません。

放置は節約にはならない

放置は節約にはならない
建物内部の腐食は次第に進行していき、建物の基礎部分や土台まで劣化することがあります。
水分が、家の内部に伝わっていくため、コンクリートや鉄骨までも劣化させてしまうことから、外壁塗装を放置することはとても危険です。
外壁塗装で使用される塗料によって、耐用年数が変わりますが、家の外壁塗装は雨風だけではなく、紫外線などの過酷な環境から家を守っています。
どの塗料を使用したとしても、経年劣化は避けられないので、定期的なメンテナンスは必要となります。
屋根や壁には、防水材や防水シートが使用されていますが、これらも経年劣化していくことを忘れてはなりません。
外壁塗装を放置することにより、水分が防水材などの隙間に入り込み、防水材などの劣化も早めてしまうことにもなります。
外壁塗装を行うことは、費用が掛かるように思えますが、定期的に行うことによって、家を長持ちさせることに繋がるので、総合的に家の維持費が安くなるのです。
外壁塗装は、定期的に行いましょう。

久喜ショールーム

0120-675-103

加須ショールーム

0120-577-103

塗装事業部

0120-778-103

無料お問い合わせ
  • 安心の施工体制
  • 保証
  • 自社施工
  • リフォームの流れ
ご挨拶
社長の写真
久喜市と加須市のリフォームスタジオを拠点に埼玉県東北部・茨城県西部を主なエリアとして20.000件以上のお住まいを施工しております。さらに多くのお客様の声に耳を傾け
安心・快適・健康住宅へのご提案もご提供させて頂いております。
 
> 詳しいご挨拶はこちらから
  • トラサンとは?
  • 採用情報
  • サイトマップ
  • お客様の声
  • サポート
  • 会社概要
リフォームの
ポイント一覧
以下をご覧下さい
  • 社長ブログ
  • 営業ブログ
  • 事務ブログ

会社概要 リクルート情報