1. HOME
  2.  > 
  3. 外壁塗装についてのお得情報
  4.  > 

外壁塗装のひび割れは放置してはいけない

外壁塗装のひび割れは放置してはいけない 外壁塗装の塗り替えは10年程度が目安だとされていますが、場合によってはそれよりも早く塗り替えをした方が良いケースもあります。
例えば、ひび割れです。
外壁塗装が剥がれ、耐久性がなくなると外壁自体にひび割れが発生し、さらに外壁の劣化を進めてしまいます。
ひび割れから湿気や汚れ、雨や雪が入り込めば、内部から腐食する可能性があり、木材部分まで届くと家が傾いてしまう危険性があります。
ひび割れから被害が大きくなると、外壁塗装で補修できたものが補修では修復不可能となり、建物自体をリフォームする必要が出てくることもあります。
外壁のひび割れと言っても様々な種類があり、その種類によって深刻度も異なるため、ひび割れの種類や特徴を知っておくことが大切です。

ひび割れの種類

ひび割れの種類
ひび割れの種類は主に2つあります。
1つ目はヘアークラックです。
下地にダメージはなく、塗膜のみがひび割れを起こしている状態です。
見た目は髪の毛のような細くて短いひび割れです。
2つ目は、クラックと呼ばれる下地へのダメージがあるものです。
塗膜だけでなく下地にまでひび割れが発生しているため、危険性は高く、乾燥クラック、構造クラック、縁切れによるクラックの3つの種類があります。
乾燥クラックは、ひび割れの幅が狭く、素地が完全に乾けば収縮が止まり、拡大することはありません。
モルタルなどの湿式工法は、乾燥する過程で水分の蒸発による収縮が生じ、ひび割れが発生しますが、収縮が完全に終わってから塗装をすると防ぐことができます。
構造クラックは、建物自体の構造的な欠陥や凍結と融解の繰り返しによって構造に歪みが生じて起こります。
縁切れによるクラックは、外壁の施工を一旦中止したり、部分的なやり直しを行ったりした場合に、古い面と新しい面の間にひび割れが生じたものです。
それぞれのひび割れの種類に適切な対処をしなければ、さらにトラブルを招いてしまう可能性があるため、外壁塗装専門業者に現地調査を依頼しましょう。
自分でひび割れの補修を行う人もいますが、下地まで届いている場合には、高い技術が必要となるため、自分で補修を行うのは難しいでしょう。

久喜ショールーム

0120-675-103

加須ショールーム

0120-577-103

塗装事業部

0120-778-103

無料お問い合わせ
  • 安心の施工体制
  • 保証
  • 自社施工
  • リフォームの流れ
ご挨拶
社長の写真
久喜市と加須市のリフォームスタジオを拠点に埼玉県東北部・茨城県西部を主なエリアとして20.000件以上のお住まいを施工しております。さらに多くのお客様の声に耳を傾け
安心・快適・健康住宅へのご提案もご提供させて頂いております。
 
> 詳しいご挨拶はこちらから
  • トラサンとは?
  • 採用情報
  • サイトマップ
  • お客様の声
  • サポート
  • 会社概要
リフォームの
ポイント一覧
以下をご覧下さい
  • 社長ブログ
  • 営業ブログ
  • 事務ブログ

会社概要 リクルート情報