1. HOME
  2.  > 
  3. 外壁塗装についてのお得情報
  4.  > 
  5. 外壁塗装の劣化のサイン・症状
外壁塗装の色の決め方と手順

外壁塗装の劣化のサインとは?

外壁は雨や風、雪、紫外線、砂ほこりなどを常に受けているため、徐々に劣化しています。
そのまま放置していると見た目に悪いだけでなく、劣化が加速して大きなトラブルになりかねないので定期的な塗り替えは必須でしょう。
「10年に一度は塗り替えた方がよい」と言う説もありますが、実際には周りの環境や、建てられている地域によってかなり、その塗り替えの目安は変わってくるので一概にはいえません。
では、いつ、どのようなタイミングで塗り替えればいいのでしょうか?
外壁塗装の劣化のサインは、外壁の見た目で知ることができるので、こまめに外壁をチェックしておくことが大切です。
外壁塗装の劣化のサインでわかる症状や、現在の外壁の状況についてチェックポイントを紹介します。

外壁塗装の劣化のサインとは?

外壁塗装の劣化のサインでわかる症状と状況

まず一番に分かりやすいサインは、外壁の色あせや変色です。
日々紫外線を受けているので、日当たりのよい外壁ほど色あせを感じるでしょう。
新築の時と比べて、ツヤがなくなってきて変色したと感じることもありますが、塗膜のトップコートの劣化が原因です。
変色の原因はこの他にもカビや藻、コケなどの発生が挙げられます。
カビ、藻、コケの発生で、外壁が劣化していくと水を弾かなくなり、塗料に含まれている防カビ、防藻剤の効力も無くなっていきます。
そのため、雨などによってカビや藻が繁殖し、美観を損なうだけでなく劣化を加速させるので、これが塗り替えのサインでもあります。
ちなみに、外壁の色が黒く変色するのは黒カビ、緑に変色するのは藻が繁殖しているという現象なのでチェックしてみましょう。
色褪せや変色がさらに悪化するとチョーキングといわれる粉化・白化してくる現象があらわれます。
これは紫外線や風雨、熱により塗料が劣化して、外壁の表面に白く粉が吹いたようになった状態で、指先で触ってみると白くチョークの粉のようなものが手につくのでわかりやすいでしょう。
これは表面塗膜が寿命だという意味も示しており、塗り替えに適した時期ともいえます。
この次の段階で挙げられるのは、クラックやへアクラックと呼ばれている外壁面に生じた“ひび割れ”のことで、ここから水が入り込むと建物の構造にも悪影響を及ぼすことになるため、早急に塗り直した方がいいでしょう。
この他にもコーキングやシーリングの劣化、塗膜のはがれや浮き、などが起こるまで放置してしまうと下地も傷みが進んでしまうので早い対応が必要です。

弊社は地域密着でリフォーム、増改築をメインにやってきたからこそ、外壁塗装だけでなくお家のことをトータルで相談可能です。

外壁塗装の劣化のサインでわかる症状と状況

久喜ショールーム

0120-675-103

加須ショールーム

0120-577-103

塗装事業部

0120-778-103

無料お問い合わせ
  • 安心の施工体制
  • 保証
  • 自社施工
  • リフォームの流れ
ご挨拶
社長の写真
久喜市と加須市のリフォームスタジオを拠点に埼玉県東北部・茨城県西部を主なエリアとして20.000件以上のお住まいを施工しております。さらに多くのお客様の声に耳を傾け
安心・快適・健康住宅へのご提案もご提供させて頂いております。
 
> 詳しいご挨拶はこちらから
  • トラサンとは?
  • 採用情報
  • サイトマップ
  • お客様の声
  • サポート
  • 会社概要
リフォームの
ポイント一覧
以下をご覧下さい
  • 社長ブログ
  • 営業ブログ
  • 事務ブログ

会社概要 リクルート情報